六本木‐氷川神社

東京 ( Pentax *istD K100D )
imgp0373x.jpg  imgp0396.jpg

imgp0408b.jpg  imgp0413.jpg

imgp0414b.jpg  imgp0417.jpg

明るくクリアーなレンズ(通常は大型)と携帯性、街撮りと画角、という要素で訳がわからなくなりかけてました。
皆、斜めにして画角を補償しようとしている。ワイドレンズを付けられないのは、暗くて手ブレを怖れたせいですね。

自分が撮りたいものが、暈けを利用した画面の整理とか、2L程度にプリントした場合の意匠とか、通常、写真撮影の基本として語られるものと異ることは自覚してなかったな。

それが何かというのは今なら説明できる。
ようするに大判の図鑑写真を隅から隅まで観察したいという欲求なんですね。
(それもネイチャーフォトでなく街撮りで)
2003/09/23 火 22:41 |- | trackbacks (0)
<< 天王州アイル | main | 北品川・旧東海道 >>